南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

10月 2016

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

今週のインプラント症例 左下

2016年10月25日 (火)

ノンフラップレスと言って、埋入する時に切開して歯茎を剥離しないでインプラントを手術をする方法です。

 

これでオペすると、切開しないので縫合もいりません。その結果、腫れたり、痛みもほとんどありません。
 

今回は1本だけでしたので、インプラントの手術が始まると、埋入終わるまで10分位で終わります。
 

ただし、手術前の口腔内のクリーニングや局所麻酔、術後のレントゲンなどを入れると40分位かかります。
 

この方法でするには、CTレントゲンは欠かせません。もちろん、西村歯科にはこのレントゲン装置は有ります。
 

CT撮影によって、骨の密度、形態、神経、血管の位置を診断し、正確な位置にインプラントを埋入します。

 

一番大切なことは、正確な位置と方向ですね。
 

これはCT無しでは絶対出来ません。
 

この方法は患者様も楽ですし、術者も楽ですが、限られた症例になります。
 


カテゴリー: インプラント

タバコと歯周病の関係

2016年10月17日 (月)

歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。
今回は喫煙者の方向けのお話しを書きたいと思います。
 
 
歯周病の患者さんは特にですが、歯の着色や目に見える歯石が付いてる方が多いと思います。
 
初診時、お口の中の状態を見る前に、問診で何年もの間歯医者に通われてないような方は重度の歯周病にかかっている事が多いように感じます。
 
着色の原因は、お茶や紅茶、コーヒーといったものから、タバコも原因になってきます。
 
着色自体は、頑固なものもたまにありますが、PMTC(着色除去)で取ることができます。
 
着色を取れば歯周病治療を進めていく上で、歯と歯茎の色が明瞭になり腫れている箇所が分かりやすくなります。
 
 

t02200130_1700100813775015740

 
(クリーニング後の口腔内)

 
 

しかし、タバコは着色だけではなく歯周病の原因になりますので歯周病をしっかり治療していくのであれば、できるだけタバコをやめた方が、やめないでいるよりも治療効果が期待出来ます。
 
タバコを吸っていますと、歯肉の血流を悪くしてしまい歯肉が低酸素状態になる為、歯周病原細菌が増殖しやすくなってしまうのです。
 
着色が付いているから、歯周病にかかってるとは言いきれませんが、歯茎からの出血、口臭など歯周病の兆候があると感じる方は1度しっかりと検査してもらう事をお勧めします。
 


カテゴリー: 歯周病治療

訪問歯科協会 常任理事会

2016年10月17日 (月)

10/16(日)11時30分より東京の本社で訪問歯科協会の理事会がありました。
 

11月6日に開催される第16回日本訪問歯科医学会の打ち合わせと、当日開催される総会について議事が行なわれました。

 
 

学会は御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで行なわれ、前日にはレセプションパーティーも開かれます。

 

o0480085413774224431

 

日本訪問歯科協会の会員数は正会員が263名、情報会員が560名と非常に大きな組織になってまいりました。

 

学会も大きくなり、海外からの参加者も有ります。

 
 

最近は摂食嚥下障害や、認知症患者の対応が一番の問題点になっており、これらに対する発表も多くなっています。

 
 

歯科医師から歯科衛生士、又訪問歯科コーディネーターまで幅広い内容となっていますので、ご興味ある方は、ぜひ参加していただきたいと思います。

 


カテゴリー: ブログ,学会・勉強会,訪問歯科診療

朝日大学同窓会 & 堺市歯科医師会懇親会

2016年10月16日 (日)

o0480036013774210032

 
 
10/15(土)18時よりホテル日航にて、朝日大学同窓会大阪支部の懇親会が開催されました。
 
懇親会は林会長の挨拶で開始、今回は朝日大学の来賓のみで他大学、歯科医師会関係の来賓はお呼びしていないので、和やかな雰囲気で始まりました。
 

この後、堺市歯科医師会の会員懇親会が19時より始まるので、途中で退席して堺市のホテルアゴーラリージェンシーまで移動。

 
 
o0480036013774210037

 

懇親会では私も参加した親睦ゴルフ大会とゴルフ同好会の成績発表があるので、それまでにと思い19時30分に到着!

 
 

ゴルフ同好会ではグランドマンスリー(年間優勝者のみの競技)の発表もあり、ナント!私が優勝していました。
と言っても、スコアは108と誉めれた成績では無いのですが、ハンディが21という事で優勝したようですね!

 
 
 

最後の締めは私の閉会の挨拶でお開きとなりました。

 

いずれの会も、出席者は毎年同じ顔ぶれで、若い先生方にも沢山のご出席をお願いしたいと思います。

 

きっと日頃の診療に何かお役に立てることがあると思います。

 

 


カテゴリー: ブログ

被せ物の構造について

2016年10月15日 (土)

こんにちは。
歯科医師の村田です。

皆さんは被せ物の中がどのようになっているかご存知ですか?

まずは神経がある歯の場合です。

神経がある歯は虫歯を取りセメントで埋めた後、型を取って、単純に被せているだけです。
なので型取りは1回で済みます。

次に神経がない歯の場合です。

神経がない歯は大きく虫歯になっていることがほとんどで、健全な歯の質が少ないのでしっかりとした土台を入れる必要があります。
なので、土台を作るための型取り、まず土台を入れます。

 

その後、被せ物を作るための型取りをするので、計2回必要です。

 

 

 

「この前、型を取ったのに今日も取るのですか?」と思うかもしれませんが、このようにして2回型取をする必要があるのです。

西村歯科ではこの様な画像ソフトを用いて、わかりやすいイラストで説明できるようになっています。

 

被せ物の構造だけでなく虫歯や歯周病の治療についてのイラストもありますので、治療の内容でわからない事などあれば遠慮せずに聞いてください。

 


カテゴリー: 一般歯科

インプラント フォーラム in グランキューブ

2016年10月12日 (水)

大信貿易によるインプラントフォーラムが9日、10日に大阪市北区中之島にあるグランキューブ大阪にて行なわれました。

 

o0480085413771594532

 

45周年記念フォーラムという事で、海外からの演者もあり内容のある講演でした。

 

大信貿易は元は、ストローマン インプラントの代理店でしたが、現在はスウェーデン マルチナインプラントの代理店になっています。

 

 

o0480085413771594533

 

西村歯科(南大阪ぺリオインプラントセンター)ではストローマン インプラントと大信貿易のマルチナインプラントを使用しています。
 

どちらも世界中で使われており実績のあるインプラントです。

 

特にストローマン インプラントは西村歯科でも30年以上前から使用し、当時埋入したインプラントは今でも95パーセント以上が生存しています。
 

40年前インプラントはそんなに長く持たないだろうと、手探りの状態でしたが、西村歯科では実際はほとんどが20年以上持っていますので、非常に安全で安心できるものになってきました。

 


カテゴリー: インプラント,学会・勉強会

日本訪問歯科協会 ブロック研修会

2016年10月11日 (火)

10/9は認知症の患者さんの対応についての講習会がありました。

 

o0480048213768770654

 

私の開会の挨拶で始まりました。

 

認知症の治療が一番大変で困難です。
まず、自分を認めてもらわないと、始まりません。

 

認知症が進むと、感情の抑制がきかないので、罵声を浴びせられたり、叩かれたりする事も⁉︎

 
 

治療に入る前までに、患者さんとのスキンシップが大切ですね!

 
重度になると、意思疏通が出来なくなるのですが、障害者の患者さん同様、心の会話をしないといけません。
 

また、最近は元気な時にインプラント治療をした患者さんが増えてきました。

 

インプラント埋入部位のケアは一層大切になります。
インプラント学会でも問題視しており、今後の課題となっています。

 

 

いつかは自分もこうなるかもしれないと思えば、患者さんに優しく接することが出来ると思います。

こういう気持ちは歯科に限らず、訪問診療に携わる人には大事な心掛けだと思っております。
 


カテゴリー: ブログ,学会・勉強会

堺歯科衛生士学校 入試

2016年10月2日 (日)

今日は朝から堺市歯科医師会が運営する歯科衛生士学校の入学試験がありました。
 

西村歯科はこの衛生士学校の実習先になっています。
 
実習では一般の診療だけでは無く、インプラント、歯周病、時には訪問診療にも同行してもらう事もあります。
 

入学の定員40名ですが、今年も定員以上の応募がありました。

 

今回私は入試の面接を担当しています。

 
 

緊張して、喋れなくなる生徒もいましたが、皆んな家で練習した通りに上手く答えていました。

 

全員合格させてあげたいのですが、定員を超えることはできないので、不合格を出すのは非常に辛いですね。

 
 

みんな、入学する時は張り切っているのですが、歯科衛生士になるには、国家試験に合格しないといけません。
 
入学してからはかなり勉強しないといけないので、途中で挫折して退学する学生も毎年いますね。

 

でも、堺歯科衛生士学校は毎年ほぼ100パーセントの合格率を出しています。

 

教える先生も必死ですからね〜

 

これに応える学生も偉いですね。

 


カテゴリー: ブログ

今週のインプラント症例 GBR 骨造成

2016年10月1日 (土)

9/16に施術したインプラントオペは骨が痩せている症例でした。

 

骨が痩せたり、抜歯して間も無くインプラント手術をした時に、GBR と言って骨の無い所に人工骨を補充する手術の症例です。

 
 
o0480037613756359111

 
o0480068713756359118

 

この手術の成功のカギは、最後の縫合に有ると思います。

 

この縫合が上手くいかないと傷口が開いて治りが悪くなり、骨もできないことに成ります。
熟練の技が必要になります。

 

どんな手術も最後の縫合が成功の決め手になりますね。

 

今回使用したインプラント体は、ストローマンのボーンレベル(二回法)のテイパードインプラント(BLT)Roxolid SLActiveを使用しています。

 

今まで5種類のインプラント体を使用して来ましたが、他社より少しだけインプラント体のお値段が高いのですが、ストローマン社製のインプラント体が一番安定し長持ちしています。

 
 

その中でもこのRoxolid SLActiveが一番骨に結合するのが早く、安定していますね。

 

西村歯科では、今後もこれをメインにしていくつもりです。

 

o0480085413756359124

カテゴリー: インプラント

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 長持ちさせるためのメンテナンス
  • 治療費について
  • ドクターからのメッセージ
  • 医院のご案内
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474