南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

歯周病とインプラント

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

歯周病とインプラント

根本的原因を絶つことが大切

歯を失う三大原因は歯周病、むし歯、破折です。最大の原因となっている歯周病は、プラークの中の原因菌が歯と歯肉の隙間の歯肉溝から入り込み、炎症を起こす病気です。炎症が進むと、歯槽骨が吸収されていき、支えを失った歯はグラつき、最後には抜歯が必要になります。

歯周病の予防には、適切なブラッシングと歯石の除去が大事です。3か月から6か月に一度検診を受け、歯石の除去やクリーニングを受ければ歯の残存率は上がります。

また、歯周病は生活習慣病とも言われるように、喫煙や食生活、間違った歯磨き法など患者様の日常的な習慣も関わっています。正しい知識とこまめなケアで歯周病を防ぐことができます。

歯周病の進行の流れ

歯周病は進行してからでないと自覚症状が現れない病気ですが、歯肉の色の変化や腫れなどの異変が感じられます。そんなときは症状が改善されても菌の進行は止まりませんので、一度当院へお越し下さい。

  • 歯肉炎

    歯肉溝にプラークが溜まることで炎症が起き、触れると出血することもあります。歯磨きによって、まだ健康な状態に戻すことができる段階です。

  • 軽度歯周炎

    歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。ここから根の先に向かって炎症が拡大していきます。

  • 中等度歯周炎

    歯根膜が歯の根の長さの半分くらいまで破壊され、歯がグラつき始めます。硬い物を噛むと痛みが出るようになります。

  • 重度歯周炎

    炎症が更に拡大し、歯槽骨は半分以上破壊され、歯はグラグラしています。付け根がむき出しなので、歯が長く見えます。

歯周ポケット内も歯石の除去

歯と歯ぐきの間の歯周ポケットにもぐりこんで付いている歯石の除去などをSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。

SRPを必要とする歯は、歯ぐきの中で強い毒素を持つバイオフィルムが形成されているため、SRPを行って歯石の除去、バイオフィルムの破壊後、表面をキレイします。

インプラント周囲炎を知っていますか?

インプラントを埋め込んだことによって、失った歯の治療は終了します。しかし、第二の歯となったインプラントを維持するには、他の天然歯と同様に毎日、毎食後のケアが必要です。インプラントに代わっても、歯ブラシや定期的なクリーニングを怠ると、歯周病原因菌が歯肉部分で炎症を起こします。

炎症は、適切なブラッシングと歯ぐきのまわりの歯石除去を行うことで改善されますが、それを放置すると深部まで歯石と細菌が入り込み、インプラント周囲炎を起こします。炎症が重度になれば、せっかく入れたインプラントを失うことになってしまいます。

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 長持ちさせるためのメンテナンス
  • 治療費について
  • ドクターからのメッセージ
  • 医院のご案内
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474