南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

歯周病治療について

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

歯周病治療について

歯周病って何?

歯周病 イメージ画像歯周病は歯周病原細菌によって、歯肉や歯周組織に炎症が起きる病気です。これは人の口から口へと唾液を介して移動するため、感染症でもあります。病気の温床となる歯垢や歯石を溜めないようにすることで、予防ができます。しかし、病気が進行し、歯周組織が溶けてしまうと、最終的には歯槽骨も吸収し、歯が抜けることがあります。

歯周病は中高年の病気であると思われるかも知れません。しかし、国民の8割は罹っていると言われています。若くても口の中にこの病原菌が見られることもあります。

そして若年のうちに発症し、緩やかに進行すると、痛みもないため、ほとんど変化に気づきません。免疫力が低下してから病気が進行し、自覚症状が出て初めて歯周病の症状に気付くことがあります。初期のうちに発見するか、発症しないように予防していくことが大事です。

歯周病チェック項目

歯周病は症状がある程度進行するまで自覚症状がない病気です。そのため、見過ごしてしまうことがあります。以下の項目のうち、1つでも思い当たる症状のある方は、歯周病の疑いがあるため、当院にて歯周病検査を受けていただくことをお勧めします。

  • 歯肉に赤く腫れたような部分がある
  • 口臭がする
  • 歯肉が下がってきた感じがする
  • 歯肉から血が出る
  • 歯が浮いたような、むず痒い感じがする
  • 歯肉から膿のようなものが出る
  • 口の中がネバネバする
  • 歯がグラグラする

歯を失ったらインプラントの前に治療を

治療風景 写真歯周病が原因で抜歯処置となった場合は、インプラントを入れるよりも先に歯周病の治療が必要です。なぜなら重度の歯周病があるということは、ほかにも歯周病に罹っている歯があると考えられるためです。お口全体の歯周病治療を行い、細菌環境を改善してからインプラントを入れるという手順になります。

インプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病原細菌には脆弱です。天然歯のように生きた歯周組織で結合しているわけではないため、細菌に抵抗する力がありません。その分しっかりとケアする必要があります。

インプラント周囲炎に注意

インプラント イメージ画像インプラントを挿入したら、歯垢が溜まらないようにケアをしていきましょう。歯周病原細菌が溜まると、歯周病と同じような仕組みで歯肉に炎症が起きます。これをインプラント周囲炎といいます。この症状が進行し、歯槽骨を溶かし始めると、インプラントが脱落するおそれがあります。すると、せっかく埋入したインプラントが再治療となってしまいます。天然歯のときと同じく、歯垢や歯石を溜めないように清潔な口腔内を保ちましょう。

まずは歯周病の治療を

歯周病で歯を失ってしまったら、まずは歯を補う治療の検討よりも歯周病の治療が先です。どのようにして治療を進めていくか、流れをご紹介いたします。

歯周内科について詳しく見る

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474