南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

歯周病治療

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

ブラッシング(歯磨き)のポイント part1

2017年4月20日 (木)

こんにちわ!歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 

今回は、歯の磨き方についてお話していきたいと思います。
まずポイントを抑えた磨き方をしているか、確認してみて下さい。

 

Point①自分の歯に合った歯ブラシを使用している。

 

Point②毛先が広がってきたら交換している。

 

Point③補助的清掃用具を使用している。(歯間ブラシ、デ ンタルフロス etc)

 

Point④朝昼晩磨いている。(1回に何分位磨いてますか?)

 

 

どうですか?
いくつ実践出来ていると言えますか?

 

ブラッシングは重要なことが多いので、ポイントを1つに絞って、4回に分けてUPしていきます。

 

今回はPoint①自分の歯に合った歯ブラシを使用している。についてです。

 

 

 

歯ブラシと言っても薬局やLoft、東急ハンズなどに行けば、

色々なメーカーの色々な種類の歯ブラシが、山のように置いてあります。

 

普段、歯ブラシを購入するときの決め手は何ですか?

値段?歯ブラシの毛の固さ?ヘッドの大きさ?

 

歯ブラシは何でもいいという訳ではなく、自分に合ったものを選ぶことが大事です。

では、その判断基準を説明致します。

 

 

毛の固さは「やわらかめ~普通」をお勧めします。

「普通」と表示されていても、メーカーによって固さに違いがありますので

実際に毛を触って確認して貰った方が分かりやすいと思います。

 

「固め」を好む方は力任せに磨く方が多いように思います。

「固め」はブラッシングの際の力加減によっては、

歯の表面(エナメル質)や歯茎を傷つける可能性もありますので

「やわらかめ」は無理でも「普通」に替えてみてください。

 

IMG_0971

 

 

次にヘッドの大きさですが、SサイズMサイズに分かれているものや

歯ブラシの種類によってはサイズが1種類しかないものもあります。

 

基本的にはMサイズのもので問題はないのですが、

歯の小さい方や、口の中が狭い(小さい)方はSサイズの方が磨きやすいと思います。

 

 

歯ブラシ3

歯ブラシ選びは悩むと思いますが、まずは使ってみることが大切です。

実際に使ってみながら、自分に合った歯ブラシを見つけていくことも楽しみに変えながら

毎日歯磨きをして頂ければと思っております。

 


カテゴリー: 歯周病治療

ブラッシング(歯磨き)について part2

2017年2月8日 (水)

こんにちわ!歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

今週は一段と寒いようですね。みなさんも体調管理にお気をつけください。

 

 

では、前回の続きとなりますが、今回は、ブラッシングについてお話していきます。

 

 

ブラッシングとは、簡単に説明すると毎日の歯磨きという事になりますが、皆さんは鏡で自分自身の歯を見ながら磨いていますか?

 

洗面所の鏡で構いませんので、ブラッシングの前に、まず口を開けて歯を見てみてください。

 

 

 

19670050191967000002

 

どうでしょうか?

 

歯は何本ありましたか?

汚れが付いている箇所を発見できましたか?

 

 

 

話が少しそれますが、

 

以前、テレビ番組で美容家のIKKOさんが出演していて

 

「メイクをすること以前に、自分の顔を鏡で見て、いいところも悪いところも全部把握してなきゃダメ」

 

というお話をされていました。

 

 

目鼻や口の形、輪郭などを把握してると、自分の長所を強調し、欠点を隠すメイクが出来るようになる、というような内容でした。

 

 

普段、そんなに意識しなくても見える部分(顔)でもそうなんだ!

 

と思う反面、

 

普段は見えていない口腔内をちゃんと目で確認して、自分の歯並びや歯垢の付きやすい部分などをしっかりと把握してから歯磨きした方が、より効果的な歯磨きが出来るという部分が歯科に通じるものがあると思いました。

 

 

鏡を見て頂くと実感できると思いますが、やはり歯が多いと1分や2分ではまず磨ききれません。
後は、歯と歯の間に隙間があると更にそこに汚れが付くので、歯間ブラシやフロス(糸ようじを含む)など補助用具が必要になるのです。

 

 

1967000006

 

磨くという事も大事なのですが、自分の歯の事をある程度でも理解出来ていないと

「歯をこういうふうに磨いて下さい」と伝えてもなかなかやる気にならないと思います。

 

 

まずは自分の歯を知ることから始めていって欲しいと思います。

 

 

 

では、本題に入ろうと思いましたが…ここまでで長くなってしまいましたので

次回part3で歯の磨き方の説明をしていきたいと思います。

 

 

 


カテゴリー: 歯周病治療

ブラッシング(歯磨き)について

2016年12月22日 (木)

こんにちは、歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 
いつも診療をしていて、ふと思うのですが・・・
皆さんは毎日の歯磨きを理解した上で磨いているのかが気になります。

 

 

初診時に口腔内をチェックし、検査をすると

ほとんどの方が磨き残しであったり、歯茎の腫れが見られます。

 

 

歯磨きがうまくいかない人の場合、

来院してもらって、こちらがいくら頑張って歯周病を治したいと思って

歯石除去などの治療をしても、なかなか改善しないという状態になってしまいます。

 

 
自分では一生懸命歯磨きをしているのですが、上手く磨けていない事が多いです。

 

 

そんな方には、歯科衛生士より歯磨きの正しい磨き方の指導もしています。

 

また歯ブラシだけでは無く、歯間ブラシ、糸ようじなどの使い方の指導もしています。

 

 

 

歯周病治療で大切なこと

ホームケア(お家でのブラッシング) + 歯科医院での歯周病治療

となります。

 

 

歯茎の中に歯石がついていてはブラッシングがうまく出来ませんし、

口腔内のスケーリング(歯石除去)を行ってもブラッシングが出来ていないと歯茎が引き締まってきません。

 

 

何よりブラッシングが出来ていないと歯茎が引き締まってこないので

歯茎の中の歯石が見えにくく、歯石を取りずらい口腔内の環境になってしまいます。

 

 

いわゆる負のループに陥ることで、治療期間も長くなりますし歯石除去もしにくくなります。

 

 

円滑に治療を進めていく為にもブラッシングは重要だと思います。

 

 

では、ブラッシング時に行っていることで、

どれが合ってて、どれが間違っているのかということが気になると思います。

 

 

それについては、次回「ブラッシング part 2」で書かせて頂きます。

 

 


カテゴリー: 歯周病治療

タバコと歯周病の関係

2016年10月17日 (月)

歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。
今回は喫煙者の方向けのお話しを書きたいと思います。
 
 
歯周病の患者さんは特にですが、歯の着色や目に見える歯石が付いてる方が多いと思います。
 
初診時、お口の中の状態を見る前に、問診で何年もの間歯医者に通われてないような方は重度の歯周病にかかっている事が多いように感じます。
 
着色の原因は、お茶や紅茶、コーヒーといったものから、タバコも原因になってきます。
 
着色自体は、頑固なものもたまにありますが、PMTC(着色除去)で取ることができます。
 
着色を取れば歯周病治療を進めていく上で、歯と歯茎の色が明瞭になり腫れている箇所が分かりやすくなります。
 
 

t02200130_1700100813775015740

 
(クリーニング後の口腔内)

 
 

しかし、タバコは着色だけではなく歯周病の原因になりますので歯周病をしっかり治療していくのであれば、できるだけタバコをやめた方が、やめないでいるよりも治療効果が期待出来ます。
 
タバコを吸っていますと、歯肉の血流を悪くしてしまい歯肉が低酸素状態になる為、歯周病原細菌が増殖しやすくなってしまうのです。
 
着色が付いているから、歯周病にかかってるとは言いきれませんが、歯茎からの出血、口臭など歯周病の兆候があると感じる方は1度しっかりと検査してもらう事をお勧めします。
 


カテゴリー: 歯周病治療

歯周病治療への思い

2016年7月4日 (月)

歯周病ブログ担当の歯科医師、池崎です。
 
今日は歯周病治療について、いつも感じることや思うことを書きます。
 
 
普段診療をしていて思うのですが・・・・
歯周病の患者さんは、自分自身で歯周病だと気付いてない患者さんが多いように思います。
 
 
特に、歯石が目に見えるくらい付いている患者さんで自覚がない方は要注意だと思っています。
 
 
そういった患者さんを診て最初に思うのは、このまま歯周病について何も知らずにいて、
歯周病の説明も受けず、治療もせずに行くと気付かぬ内に歯周病が進んで、
「噛んだら歯がグラグラして痛い」、「歯茎が腫れてきた」などで来院されて・・・。
 
そうなった時には既に手遅れで歯を抜かないといけなくなり、
それを繰り返してる内に徐々に歯がなくなって行くんだろうなと思ってしまいます。
 
 
歯石が沢山付いる場合は、まず歯石を取っていき、口腔内を綺麗な状態で維持すれば大丈夫そうなら、
歯周病について説明して、複数回の歯石除去を進めていきます。
(一度に取り切れないくらい歯石がついている方に歯周病は多いのです)
 
 
保険適用内で治療できる範囲の歯周病の方は、保険治療で構わないと僕は思います。
 
 
しかし、重度の歯周病の患者さんはそれだけでは良くならない方もおられます。
 
そういう患者さんには、歯周病菌が原因であれば、歯周内科をお勧めします。
 
 
―歯周内科とは何か?―
 
歯周内科治療は熊本県の開業医、生田図南先生が考案された方法です。
 
 
僕が歯周内科という言葉を知り、どういうものなのかと言う事を初めて知った時、
歯石除去はもちろんしますが、お薬を飲んでもらい歯周病菌を減らしていき
歯茎の状態を良くしていくというのは実際に本当に効果的なのか?と思いました。
 
 
そう思いながらも歯周内科治療の生みの親である生田先生の講習会を受け、
熊本県の天草の生田歯科へ実際に見学に行かせて頂きました。
 
 
生田歯科の見学はとても勉強になることが多く、
確かにお薬で菌を減らして歯周病の治療をする事の有効性を実感する事ができました。
 
保険診療では歯石除去のみになりますが、歯周内科は自費治療です。
 

自費治療であっても、PCR検査(DNA検査)をして細菌の数を精密に検査出来るので、
保険診療より費用がかかっても、それをする価値はあるのだと分かりました。
 
 
治療のためのお薬を飲んでもらうだけではなく、
ペリオバスターやハリゾン、歯周内科用のマウスピースを併用する点もキーポイントです。
 
 
・ペリオバスター:殺菌性の高い歯磨き剤
・ハリゾン:殺菌作用の高い抗生物質(飲み薬)
注)上記のお薬は処方箋の必要な医薬品で、市販で入手は出来ません
 
 
特に、重度の歯周病であったり、まだ若いのに歯周病にかかってる若年性歯周炎の患者さんには、
現存する歯を少しでも長く持たせてあげたいという気持ちがありますので
積極的に歯周内科をお勧めしていきたいと思いますし、試して頂きたいと思っております。
 


カテゴリー: 歯周病治療

歯石除去

2016年6月7日 (火)

こんにちは。

 

歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 

 

一般歯科治療は大きく分けて、虫歯治療と歯周病治療があります。
 

虫歯治療はみなさん大体理解して頂いていると思いますので、

今日は保険診療での歯周病治療関連のお話しをさせて頂きます。
 

 

歯周病の相談でよくある質問の中でも代表的なものは

「歯周病治療は何回かかるんですか?」
 

 

歯周病の治療は「まずスケーリング(歯石除去)から」と言っても過言ではありません。
 

 

いつも、その説明をさせて頂く時の患者様の反応をみていると思うのですが、

「え?歯石なんてすぐに取ってもらえるんじゃないんですか?」

と思ってる方は多いのではないでしょうか?

 

 

定期的にメンテナンスに通っておられる方や、歯周病ではない方の場合、

歯茎より上の歯の部分に歯石が付いていることが多く、歯茎の中の歯石はほとんどありません。
 

歯茎の上の方に付いてる歯石は、そこまで固くないので量が多くなければ1~2回で取れます。

 

 

しかし、歯周病の患者様(予備軍の方も含め)の場合は歯茎の中に歯石が付いているため

そこに(いわゆる歯周ポケット)菌が増殖して歯周病になっていく訳ですから
治療の第一歩として、歯茎の中の歯石を除去することから始めます。
 

 

歯茎の中に付いてる見えない歯石は、かなり強固に歯にへばりついてしまっている為、

きれいに取るのには、かなり時間がかかってしまいます。
 

保険診療の場合、回数としては、多くて6回かかってしまいます。

歯茎の中の歯石を取る時は痛みを感じる事があるので、必要であれば麻酔をすることもあります。

 

 

1番重要なのは、ここで満足してしまわずに、メンテナンスに定期的に通う事なのです。
 

 

また頑固な歯石が付いて通院回数がかかる前に!
 


カテゴリー: 歯周病治療

歯槽膿漏って何?

2016年5月19日 (木)

歯周病ブログ担当の歯科医師の池崎です。

 

 

最近、歯磨き剤のテレビCMでよく「歯槽膿漏」「歯周病予防」という言葉を耳にします。

 

 

歯科業界関係者でない人は
「歯槽膿漏と歯周病をどのように捉えているのだろうか?」と
歯医者の僕としては気になりました。

 

 

では、ここで問題です。

「歯槽膿漏とは歯周病なのか?」

 

 

ーーーーー

ここからは回答と解説です。

 

 

歯周病は、かつて歯槽膿漏と言われてたものです。
歯の周りの、歯を支えている組織(歯周組織)がじわじわ破壊されていく病気の事を言います。

 

ですから、ほぼ同じ意味で捉えても問題ないと思われます。

 

 

歯周病は、虫歯と並ぶ二大疾患です。

 

虫歯は「痛い」など分かりやすい自覚症状があるので、自分で発見しやすいのですが、
歯周病は特に目立った自覚症状がありません。

 

 

普段の自覚症状がないと「歯医者に行こう」とは思えず、足が遠のくとは思いますが、
自覚症状が出る前に歯医者に行くようにしましょう。

 

 


カテゴリー: 歯周病治療

8020運動

2016年4月26日 (火)

歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 

 

80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動を8020運動といいます。

「生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。

 

患者さんの中に、「昔は固いものでも何でも食べれたのになぁ」と言われる方がいらっしゃいます。

 

皆さんは、いつまでも美味しく食事をしたいと思いませんか?

 

 

そして、歯を失う原因は虫歯よりも歯周病の方が多いってご存知ですか?

 

 

 

【歯周病の自覚症状チェック】

 

①歯茎に赤く晴れたような部分がある

②口臭がする

③歯茎が下がってきた感じがする

④歯茎から血が出る

⑤歯が浮いたような、むず痒い感じがする

⑥歯茎から膿のようなものが出る

⑦口の中がネバネバする

⑧歯がグラグラする

 

 

この中で一つでも思い当たる症状がある場合は、歯周病の可能性があります。

症状がある方は早期に歯科へ受診されることをお勧めします。

 

 

大切な歯を失う前に・・・

 

 


カテゴリー: 歯周病治療

歯周病の怖さ2

2016年3月30日 (水)

歯周病ブログ担当の歯科医師、池崎です。
 
 

皆さんは歯の構造をご存知でしょうか?
 
 

見た目の歯は、歯茎と歯しか見えませんのでよくは知らない方が多いと思います。
 
 

歯茎の中には歯根(歯の根っこ)と骨があります。
 

その骨が溶けて無くなっていくのが歯周病なのです。
 
 

歯周病が進んでるかどうかというのは、レントゲン撮影をして確かめたり、
歯茎の検査をしたりして初めて歯周病がどう進んでるのかが分かるのです。
 
 

歯周病が怖いのは見た目ではなかなか分からないと言う事なのです。
 
 

なので、歯茎が腫れたり、膿が出るなどの症状が出る前に
一見、自分では健康そうな歯茎に思えても、
定期的にメンテナンスに来て検査したりレントゲンを撮る事が必要です。
 

歯周病を放置すると、大切な歯を失うことになりますから。

 
 


カテゴリー: 歯周病治療

歯周病の怖さ

2016年3月11日 (金)

歯周病治療のブログ担当の池崎です。
 
テレビなどで「歯周病は怖い病気である」とよく言われてますが、あまり浸透していないように思います。
 
何故「歯周病が怖い」のか?
 
それは、歯周病の知識がない人は歯周病になって、歯や歯茎に異常が出るまで気付かないからなんです。
 
歯茎が下がってきた、歯がグラグラしてきたetc
 
歯や歯茎に異常が出てからの治療となると、歯を抜かないと行けないケースも出てきたりするんですよ。
 
簡単ですが、歯周病の怖さ分かって頂けたでしょうか?
 
次回、歯周病に関する知識を身につけて頂けるようなお話が出来れば、と思っております。
 


カテゴリー: 歯周病治療

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 長持ちさせるためのメンテナンス
  • 治療費について
  • ドクターからのメッセージ
  • 医院のご案内
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474