南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

インプラント

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

8月7日 インプラント 2次オペ

2017年8月9日 (水)

4月に人工骨を使用して、骨造成行ったインプラントの2次オペをしました。

右上小臼歯部一本なので、切開を最小限に抑え、インプラントの頭の大きさの穴を開けて、
仮蓋のネジを入れています。

切開して開いたりしていないので、糸で縫合する事もなく、15分程度で終わりました。

糸を取る事もないので、2週間後に上部構造の型を採る予定です。


カテゴリー: インプラント

8月5日 インプラント症例 :抜歯待時5ヶ月

2017年8月9日 (水)

左上小臼歯を抜歯後5ヶ月待ってからのインプラント症例です。

通常抜歯して歯肉が塞がるのは2〜3ヶ月かかります。でも骨はまだ完全に治癒していません。
完全に抜歯窩が骨で埋め尽くされ治癒するのには5〜6ヶ月かかります。
しかし5、6ヶ月も待つと骨が痩せてインプラントを埋入するのには不利になります。

逆に抜歯後早期にインプラントを埋入すると、骨は痩せていないのですが、骨が出来ていないので
人工骨で骨の欠損部分を埋めないといけません。
今回の症例は抜歯後5ヶ月経っていたにも関わらず骨は痩せていませんでした。

なぜか?

歯周病や化膿していて、とことん我慢してひどくなってから抜歯した後は、
骨が吸収され大きく痩せてしまいます。
ところが、今回の症例のように虫歯だけの理由で抜歯した後は治りも早く、
骨の吸収も少なくて済みます。

と言うことは、
将来望みのない歯は、早めに抜いてインプラントにする方が得策です。

今回の症例は骨の厚みもあり、しっかりとした骨が出来ていたので、一回法のストローマン社製の
ティッシュレベルのインプラントを使用しました。

手術時間も麻酔から始めて、終了するまで40分程度で終わりました。


カテゴリー: インプラント

インプラント症例 出張オペ 抜歯即時埋入

2017年8月2日 (水)

西成区にある歯科医院にて出張オペをしました。

インプラントをしていない歯科医院に出向き、機械、材料を全て持ち込み、
インプラントの埋入手術をしています。

今回の症例は、左上臼歯部の抜歯即時インプラントです。

昔に入れたブリッジが壊れ、虫歯になって抜かないといけなくなっていました。
抜歯後は保険診療では入れ歯になるところですが、入れ歯はわずらわしいと言うことで、インプラントにしたいとの事でした。

まずブリッジを外し、ブリッジの支台になっている歯を抜歯します。
その抜歯窩にインプラントを入れられるように削合して、インプラントを埋入します。
インプラントより抜歯窩の方が大きいので、隙間には人工骨を填入します。

抜歯即時埋入と言って、高度なテクニックが必要になります。

この方法で治療をすると、抜歯して骨ができるのを待ってからインプラントをするより
3ヶ月から4ヶ月治療期間を短縮できる利点があります。

患者様も手術が一度で済むし、切開をしないので負担が軽減できます。


カテゴリー: インプラント

下顎 右下臼歯部 2本

2017年8月2日 (水)

下顎 右下臼歯部 2本。

下顎管(神経の管)に近いためインプラントは8ミリが限界でした。
この下顎管の神経を傷つけると麻痺が起きます。


西村歯科では、骨を削る時に、削り過ぎて神経を傷つけないようにストッパーを付けています。

これを付けておくと8ミリなら、8ミリで止まってこれ以上削ることができないので安全です。

しかもあまり気にせず、一気に削れるので手術時間も短くて済みます。

最後にレントゲンで確認したところ、予定通り下顎管から1ミリから2ミリ手前でインプラントが埋入されていました。


翌日消毒で来院して頂きましたが、麻痺もなく問題ありませんでした。


カテゴリー: インプラント

症例 サイナスリフト

2017年7月13日 (木)

先週の症例でサイナスリフトがありました。

サイナスリフトとは、上顎の臼歯部の骨の幅がない場合にサイナス(上顎洞)に骨を造る手術です。

o0480036313980801084

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントネット参照

 

この手術がインプラントの治療の中では、一番難しくって気を使う手術です。

上顎洞の内側にある薄い膜(シュナイダー膜)を破らないように骨から剥がしていかなければなりません。それも見えない所も有るので、手の感覚だけで剥がして行きます。

今回の症例では経過良好です。今後感染が無いか2週間は経過を見て行きます。


カテゴリー: インプラント

他医院でインプラントの立会い

2017年5月22日 (月)

知り合いの医院で、術者の経験が浅いためインプラントの立会いをしてきました。
 
 

下顎の臼歯部で3本欠損の症例です。

 

CTだけを西村歯科で撮り、骨の中に通っている神経の位置を術者と一緒に確認し、埋入オペをしました。

 
 

奥歯でやり難いところですが、初期固定もしっかりできており全く問題無く終えました。

 
 

患者様の感想は「削るのが骨に響く程度で全く痛くなかった」と、満足していらっしゃいました。

 

このように出張で、インプラントの埋入も良くしています。

 
 


カテゴリー: インプラント

インプラント症例 GBR

2017年4月25日 (火)

左上小臼歯一本の症例です。
 

抜歯後4ヶ月経過していますが、もともと骨の吸収があり、インプラントするには骨幅が足りません。

 
 
o0480033713921006930
 

 インプラントネット参考

 
 
 

そこで、インプラント埋入後足りないところに人工骨を足して、その上から人工膜で覆い終了します。

 
 
 

人工骨を使用した時は最低4ヶ月経過した後に2次オペをして、上部構造の歯を作って行きます。

 

骨が十分有るところに比べると時間が掛かります。

 

 


カテゴリー: インプラント

3月の症例(まとめ)

2017年4月19日 (水)

3月のインプラントのオペは、1歯欠損の症例が多かったです。

最近は一本でもインプラントをする患者様が多くなってきました。

 

o0480021113916554297

 

1歯欠損の場合、ブリッジでも問題無く出来るのですが、両サイドの健康な歯を削って痛めつけるのがいやと言う人が多くなってきたように思います。

 

当然、健康な歯を削るとそれだけで虫歯になりやすくなり、歯の寿命も短くなります。

 

「欠損が一本でもインプラント」がベストの選択でしょう。

 

インプラント1本埋入のケースだと、状態が良ければ、術後の痛みや腫れもほとんど無く、手術時間も1時間もかかりません。

 

 

 


カテゴリー: インプラント

2月の症例ー1

2017年2月14日 (火)

2月10日(金)に行ったインプラントオペです。

 

 

前歯抜歯後直ぐにインプラントを埋入し、前歯なので、仮歯まで作るというものです。

 

抜歯した後の穴(抜歯窩)にさらに深く削り、12ミリで太さが3.3ミリのストローマン製のインプラントを埋入しました。

 

「ストローマン インプラント」の画像検索結果

 

 

抜歯窩とインプラントの間に隙間ができるので、人工骨を充填します。

 

仮歯は抜歯した自分の歯を加工して、両隣りに強力な接着剤で固定します。
一番自然で抜歯したとは思えないぐらいです。
 

人工骨を使っているので、普段より長く3ヶ月待って上部構造を作って行きます。

 

 

 


カテゴリー: インプラント

一月の症例-2

2017年1月26日 (木)

症例-2は1/21(土)に行った抜歯即時埋入インプラントです。
 
 

オペの当日、下の前歯2本を抜歯して、その後即日にインプラントを埋入する方法です。

 

下の前歯は細く幅も狭いので、インプラントを2本入れると窮屈になり、インプラント間の距離が短くなる可能性があるので、無理せず1本のインプラントで2本の前歯を作る事にしました。

 
 

インプラント1本で下の前歯2本分なら十分な強度が有るので問題ないです。

 
 

抜歯即時なのでインプラントと骨の間に隙間ができるので、β-TCP言う人工骨を用いて隙間を埋めます。

 
 

この症例もインプラントはストローマン ボーンレベルインプラント  SLActiveを使っていますが、人工骨を使っているので、骨ができるまでの期間として最低3ヶ月はかかります。

 
 

前歯なので、もちろんその場で仮歯を作って入れてますから審美的には問題は有りません。

 

 


カテゴリー: インプラント

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474