南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

歯石除去

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

歯石除去

2016年6月7日 (火)

こんにちは。

 

歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 

 

一般歯科治療は大きく分けて、虫歯治療と歯周病治療があります。
 

虫歯治療はみなさん大体理解して頂いていると思いますので、

今日は保険診療での歯周病治療関連のお話しをさせて頂きます。
 

 

歯周病の相談でよくある質問の中でも代表的なものは

「歯周病治療は何回かかるんですか?」
 

 

歯周病の治療は「まずスケーリング(歯石除去)から」と言っても過言ではありません。
 

 

いつも、その説明をさせて頂く時の患者様の反応をみていると思うのですが、

「え?歯石なんてすぐに取ってもらえるんじゃないんですか?」

と思ってる方は多いのではないでしょうか?

 

 

定期的にメンテナンスに通っておられる方や、歯周病ではない方の場合、

歯茎より上の歯の部分に歯石が付いていることが多く、歯茎の中の歯石はほとんどありません。
 

歯茎の上の方に付いてる歯石は、そこまで固くないので量が多くなければ1~2回で取れます。

 

 

しかし、歯周病の患者様(予備軍の方も含め)の場合は歯茎の中に歯石が付いているため

そこに(いわゆる歯周ポケット)菌が増殖して歯周病になっていく訳ですから
治療の第一歩として、歯茎の中の歯石を除去することから始めます。
 

 

歯茎の中に付いてる見えない歯石は、かなり強固に歯にへばりついてしまっている為、

きれいに取るのには、かなり時間がかかってしまいます。
 

保険診療の場合、回数としては、多くて6回かかってしまいます。

歯茎の中の歯石を取る時は痛みを感じる事があるので、必要であれば麻酔をすることもあります。

 

 

1番重要なのは、ここで満足してしまわずに、メンテナンスに定期的に通う事なのです。
 

 

また頑固な歯石が付いて通院回数がかかる前に!
 


カテゴリー: 歯周病治療

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474