南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

さまざまなインプラント治療

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

さまざまなインプラント治療

骨量が少なくてもインプラントを可能にする治療法

インプラントは全ての方に適応できるものではありません。特に顎の骨に厚みがない場合など、以前は治療ができませんでした。しかし、今では骨造成や骨移植などを事前に行うことで、インプラント治療が可能となっています。

他院で治療が難しいと言われた方も、諦める前に是非一度当院へご相談ください。


GBR(骨造成)

GBRとはGuided Bone Regenerationの略で、骨誘導再生法ともいいます。わずかに骨幅が不足している場合に行います。
インプラント埋入と同時に、骨の足らない部分に人工膜を使用し骨の再生を促す方法と、最初に患者様自身の骨を移植・固定し再生させた後からインプラントを埋入する方法があります。

ソケットリフト法(上顎洞底拳上術)

鼻周辺の頭蓋骨には、鼻孔につながっている上顎洞という大きな空洞があります。上顎の骨の高さが足りないと、インプラントがこの上顎洞に突き出てしまうため、骨を増大させる必要があります。
そこで専用器具で骨を押し上げ、そこに人工骨などを移植することで、高さを確保しインプラントを埋入します。

サイナスリフト法(上顎洞底拳上術)

ソケットリフトと同じく、上顎の骨造成を合わせたインプラント治療法ですが、違いはサイナスリフトの場合は骨の高さが5mm以下のため歯ぐきの側面から切開し、骨の移植を行います。
上顎洞の外にあるシュナイダー膜を歯槽骨から剥がすことでスペースをつくります。

スプリットクレスト法(歯槽堤分割術)

高さはあるものの、幅が薄くなった骨を分割して、その隙間にインプラントを埋入する方法です。
上顎前歯の歯槽骨が4mmに満たない場合に行います。薄い歯槽骨は非常に割れやすくなっているため、破折しないように注意を払う必要があり、高度な技術力が求められる治療法です。

静脈内鎮静法で負担を軽減

歯科治療が怖くて受けられないという方には、鎮静剤を注入した上での治療も可能です。腕の静脈に点滴をし始めると、数分後に眠たくなります。意識はありますが、不安や緊張が和らぎ、痛みが感じにくくなります。血圧や脈拍などはモニタリングされていますので、安心して治療を受けて頂くことが出来ます。


生体モニターで体の状態を監視します

静脈内鎮静法を行う際は生体モニターを患者様の体に取り付け、血圧、心拍数、血液中の酸素濃度などをリアルタイムに見張ります。

仮に異変があった場合、緊急薬剤投与など素早い対応が出来ますので、生体モニターを活用することは安全性を高めると言えるでしょう。

  • セカンドオピニオン
  • 歯周病のよくあるご質問
  • インプラントのよくあるご質問
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474