南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

より安全にインプラントを行うために

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

より安全にインプラントを行うために

  • ホーム
  • より安全にインプラントを行うために

徹底した滅菌体制で安心

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込む歯科治療ですので、当然細菌が入り込まないよう滅菌を行った器具で治療を行います。器具は患者様ごとに滅菌を行い、ディスポーサブル可能なものは一回の使用ごとに廃棄するなど徹底しております。

また、対応が行き届いていない歯科医院もあるタービン(歯を削る機械)についても当院ではホルマリンガスにて殺菌を行っております。

なぜここまで滅菌にこだわるのか

歯科治療は細菌の多い口腔内環境で、歯肉を切開したり、歯槽骨に人工歯根を入れます。むし歯も歯周病も細菌の繁殖が原因となって発生します。

治療の際に菌が入り込まないようにしなければ、病状が悪化したり、新たな感染症を引き起こしたりする可能性もあります。滅菌・殺菌を徹底することで、感染症リスクを限りなく下げ、治療本来の効果が期待できます。

滅菌と殺菌の違い

当院では滅菌機と殺菌器を両方駆使しています。両者は似たような響きですが、実は異なる意味を持っています。滅菌とは全ての細菌やウイルスを物理的、化学的手段を用いて死滅させるか、完全に除去することです。対して殺菌(および消毒)とは、人体に有害な細菌やウイルスの感染性を物理的、化学的手段を用いてなくすか、量を少なくすることを指します。

つまり細菌対策のレベルとしては殺菌よりも滅菌の方が高いと言えます。しかし、機材によっては滅菌の際の高温や高圧に耐えられないため、代わりに殺菌を行っているものもあります。それぞれの特性を活かした最大のパフォーマンスで、患者様が不必要なリスクを負うことのないよう徹底しております。

4つの滅菌機・消毒器で行う細心の感染対策

当院では滅菌・消毒方法の違う4つの機械で、それぞれの物の特徴や材質に即して感染対策を行っております。その機材は高圧蒸気滅菌器、卓上小型高圧アルコール蒸気滅菌器、小型包装品用高圧蒸気滅菌器、ホルムアルデヒドガス消毒器です。


HAC 高圧蒸気滅菌器
ハイオートクレーブシリーズ 卓上タイプ

注水から滅菌、乾燥まで自動で短時間で滅菌します。121℃以上、0.12MPa以上で完全に滅菌します。

Harvey Chemiclave EC 5500
卓上小型高圧アルコール蒸気滅菌器

高圧蒸気で滅菌を行うと錆や劣化を招いてしまう機材に使います。高圧蒸気ではないので乾燥の工程を省けます。


オサダプチクレーブ8(DA-8)
小型包装品用高圧蒸気滅菌器

インスツルメント専用・高速滅菌器です。小型で設置スペースを取りません。精製水ではなく水道水で使用可能です。

ホルホープデンタル CE34W
ホルムアルデヒドガス消毒器

常温・常圧で器具や器材を傷めることなく、スピーディーな常温殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器です。

CTによる立体的な画像診断でより安全な治療へ

インプラント治療を開始するにあたって、血管や神経がどこを通り、骨の厚みはどのくらいなのかを検査する必要があります。それらを検査する際に行うのが、CTの三次元画像診断です。

CTはX線を用いて様々な角度から口腔内を立体的に観察することが出来ます。昔はレントゲンでの撮影のみでインプラント治療を行っていましたが、平面の情報であるため安全な治療には不充分でした。

今では精度が高く、より安全な手術を行うためにCTを撮影し、手術計画を立ててから治療に入ります。当院でもCTを駆使し、インプラント埋入の位置や角度を決めています。しかし、データのみに頼ってしまってはイレギュラーな対応ができません。多くの経験値や技術、知識が備わってこそ、インプラント治療を成功させる秘訣と言えるでしょう。

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 長持ちさせるためのメンテナンス
  • 治療費について
  • ドクターからのメッセージ
  • 医院のご案内
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474