南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

なぜインプラントは必要なのか?

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

なぜインプラント治療が必要なのか?

  • ホーム
  • なぜインプラントは必要なのか?

歯が抜けたまま放置していませんか?

歯周病や事故などで歯が抜けてしまったまま、放置してはいませんか?歯が抜けたままだと、反対側の噛み合わせていた歯が伸びて来たり、両隣の歯が傾いてきます。

また歯が抜けた箇所の顎の骨は吸収され、インプラントを埋めるのに充分な顎の骨を造成するための外科手術を行う必要が生じます。口腔内環境の悪化には、将来的に大きなリスクを引き起こす可能性があるため早期の治療をおすすめしています。

ブリッジ・入れ歯とどう違うの?

ブリッジや入れ歯は、インプラントのように顎の骨に歯根を埋め込むのではなく、歯が生えていた箇所、顎堤に装着する義歯を入れ歯と言います。ブリッジは両隣りの歯を削って土台を作り、その上に橋渡しをするように人工の歯を被せる義歯です。

ブリッジと部分入れ歯は周りの健康な歯を支えにするため、本来であれば不要な負担がかかってしまい、グラつきや破折を招くことがあります。また噛む力は自然歯の場合と比べて弱くなり、噛み心地も感じとりにくいと言われます。一方でインプラントは顎の骨に埋め込むため、自然歯とほぼ同等の力で噛むことができ、噛み心地も保ちます。
では実際にインプラントの特徴を見ていきましょう。


インプラントで得る自然な噛み心地

インプラントは人工歯根を埋め込む治療です。埋め込まれたチタン製の人工歯根は骨と結合し、固定されます。それにより、強い咀嚼力や自然な噛み心地を得ることが出来ます。

10年後の状態を比較しても、インプラントは他の治療方法よりも優れているというデータが発表されています。また、顎堤に乗せる義歯のように、顎の骨が吸収されることもないという特徴があり、定期的なメンテナンスで、より長い間お使いいただけます。

なぜ歯を失ってしまったのか

インプラントは天然歯の代わりとなりますが、普段の歯磨きなどはこれまでと変わりません。人工物だからと言って、ケアをしなくても良いというわけではないのです。
そもそも、なぜ歯を失ってしまったのか、またどういうケアと予防が必要なのかをご理解いただく事が大切です。歯を失うメカニズムを一緒に学び、後悔しないインプラント治療に役立てましょう。

歯周病とインプラントの関係について見る

  • セカンドオピニオン
  • よくあるご質問
  • 長持ちさせるためのメンテナンス
  • 治療費について
  • ドクターからのメッセージ
  • 医院のご案内
  • 西村歯科 院長のプログ

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474