南大阪ペリオインプラントセンター 医療法人祐愛会 西村歯科

20 4月 2017

資料請求・お問い合わせ

tel:072-229-6474

ブラッシング(歯磨き)のポイント part1

2017年4月20日 (木)

こんにちわ!歯周病ブログ担当の歯科医師 池崎です。

 

今回は、歯の磨き方についてお話していきたいと思います。
まずポイントを抑えた磨き方をしているか、確認してみて下さい。

 

Point①自分の歯に合った歯ブラシを使用している。

 

Point②毛先が広がってきたら交換している。

 

Point③補助的清掃用具を使用している。(歯間ブラシ、デ ンタルフロス etc)

 

Point④朝昼晩磨いている。(1回に何分位磨いてますか?)

 

 

どうですか?
いくつ実践出来ていると言えますか?

 

ブラッシングは重要なことが多いので、ポイントを1つに絞って、4回に分けてUPしていきます。

 

今回はPoint①自分の歯に合った歯ブラシを使用している。についてです。

 

 

 

歯ブラシと言っても薬局やLoft、東急ハンズなどに行けば、

色々なメーカーの色々な種類の歯ブラシが、山のように置いてあります。

 

普段、歯ブラシを購入するときの決め手は何ですか?

値段?歯ブラシの毛の固さ?ヘッドの大きさ?

 

歯ブラシは何でもいいという訳ではなく、自分に合ったものを選ぶことが大事です。

では、その判断基準を説明致します。

 

 

毛の固さは「やわらかめ~普通」をお勧めします。

「普通」と表示されていても、メーカーによって固さに違いがありますので

実際に毛を触って確認して貰った方が分かりやすいと思います。

 

「固め」を好む方は力任せに磨く方が多いように思います。

「固め」はブラッシングの際の力加減によっては、

歯の表面(エナメル質)や歯茎を傷つける可能性もありますので

「やわらかめ」は無理でも「普通」に替えてみてください。

 

IMG_0971

 

 

次にヘッドの大きさですが、SサイズMサイズに分かれているものや

歯ブラシの種類によってはサイズが1種類しかないものもあります。

 

基本的にはMサイズのもので問題はないのですが、

歯の小さい方や、口の中が狭い(小さい)方はSサイズの方が磨きやすいと思います。

 

 

歯ブラシ3

歯ブラシ選びは悩むと思いますが、まずは使ってみることが大切です。

実際に使ってみながら、自分に合った歯ブラシを見つけていくことも楽しみに変えながら

毎日歯磨きをして頂ければと思っております。

 


カテゴリー: 歯周病治療

お問い合わせはお気軽に TEL:072-229-6474